経営ストラテジー入門

経営戦略の実例やマーケティングの解説、ビジネスに関するフレームワークなどをご紹介します。

実際のマーケティング手法

具体的な宣伝マーケティングの方法

a0008_001852さて、マーケティングというものがどういう意味なのか、ということはなんとなく分かって頂けたかと思います。
この先のページでは皆さんの考えるマーケティングである「宣伝活動」についてスポットを当てて色々な方法を紹介していきます。
紹介する方法は「WEBマーケティング」「動画マーケティング」「ダイレクトマーケティング」「サービスマーケティング」の4種類です。

まずここでそれぞれの概要について簡単に紹介しますので、読む際の参考として下さい。

WEBマーケティング

WEBマーケティングというのは文字通りインターネットを用いたマーケティングの方法のことを言います。
自社サイトによる広告行為や、その他のサービスにバナー広告を出す、といったような方法が中心となります。

動画マーケティング

動画マーケティングというのは従来であれば文章や画像によって行なうのが普通だった広告を動画によって表現するという方法です。
文章と画像に比べてより直感的でわかりやすく自社の製品を紹介することが出来るのが魅力です。

ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングというのは、多くの人を対象とするのではなく、限られた対象に対してマーケティングを行なう方法です。
リピーターを作るといった目的の他、フィードバックを得ることによってよりマーケティング能力自体を向上させていくという目的が内包されています。

サービスマーケティング

最後にサービスマーケティングというのは、自分たちのサービスの特異性を宣伝することです。
他社のサービスでは出来ないようなことが自分たちでは出来る、ということを宣伝することで顧客の注目を集めるわけです。

さて、この4つについて紹介するというと、「ステルスマーケティング」については紹介しないのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
通称ステマと呼ばれるこのマーケティング方法はインターネット流行語大賞に選ばれるなど、多くの人の目に止まったものでした。
ステルスマーケティングというのはそれが宣伝であるということが分からないように宣伝を行なう方法のことを言います。

この方法というのは景品表示法上の問題があるために、推奨されるものではありません。
そのため、今回このサイトでは紹介を控えたいと思います。

マーケティングに関する参考になる質問かありましたので、そちらも紹介しておきます。
【参考】広告や販促の効果

試乗戦略においては、結果をできるだけ具体的にしてから実際に展開をしていかなければコストの無駄遣いとなってしまうこともあります。
きちんとしたリサーチや分析をもとに、どのような広告や販促を行うとよいのかについて検討していく必要があるでしょう。