経営ストラテジー入門

経営戦略の実例やマーケティングの解説、ビジネスに関するフレームワークなどをご紹介します。

WEBマーケティング

インターネットの発達で変わり始めたマーケティングの姿

今となっては、ほとんどの家庭にパソコンがあり、インターネットが引かれています。
パソコンを所有していない人でもスマートフォンを使ってインターネットに接続しているという人が多いのではないでしょうか。
この状況というのは、ほんの20年程前にはまだ考えられないものでした。

20年という短い間に発展したインターネットによって様々なものが影響を受けることになりましたが、中でも大きな影響を受けているのが「マーケティング」の世界です。
広告宣伝のマーケティングは勿論のこと、その他の分野のマーケティングについてもインターネットを利用することでかなり有利に行えるようになってきました。
例えばかつてであれば電話やダイレクトメールなどを利用しなければ出来なかったアンケートも、今では専用のフォームを設置するだけですぐに意見を集めることが出来ます。

また、会社報などでなければ知らせることが難しかった自分の会社についての情報というのも、自社のサイトを利用することでより多くの人に、より簡単に見てもらうことが可能になりました。
マーケティングの進化に大きく寄与していることは間違いないでしょう。
ただ、勘違いしてはいけないのは、「だれでも簡単に上手なマーケティングが出来る」というわけではないということです。

WEBマーケティングにはWEBマーケティングの難しさというものがあります。
例えば自社サイトを作ったとして、それをどのように見てもらうのか、ということを考えなければならないでしょう。
最近でも多い方法の一つであるのが、テレビCMを利用して「◯◯で検索」というように自社のサイトに接続出来るワードを紹介するという方法です。

この方法は実は幾重に渡るマーケティングが行われているということはあまり知られていないのではないでしょうか。
まず、見てもらうテレビCMが興味をそそるものでなければ、そもそも皆検索しようとは思いません。
消費者の側に立ち、興味を持ってもらえるようなCMを作成することが第一のマーケティングとなります。

そして次に「◯◯で検索」した時に、ちゃんと見てもらいたいページが検索のトップに表示されるようにする必要があります。
独特な単語で検索した場合には問題ありませんが、割りと良くある言い回しの単語を検索ワードに設定した場合は上位に表示されない可能性もあります。
検索エンジンはそのワードに対してどのサイトが最も有益であるのか、ということを独自のメカニズムで判断しているため、会社側はこれを推測した上でどのように上に表示させるのか、ということを考えなければなりません。

ちなみにこの検索エンジンの順位を上げるための対策のことをSEO対策といいます。
これはSearch Engine Optimizationの略称で、意味はそのまま検索エンジン最適化、となります。

WEB広告で気をつけなければならないこと

さて、テレビCMを使った物以外でも、自社のコンテンツを見てもらう方法があります。
それは、他のサイトにバナー広告を出してもらうという方法です。
例えばYahoo!なども広告を出していますし、mixiやFacebookなども広告を出しています。

これらの広告を出すと、インターネット利用者のアクセスを比較的簡単に集めることが出来ます。
ただ、このバナーにも工夫を凝らさなければ目にとまることがないでしょう、この点はテレビCMと同じく、思わず訪問してくなってしまうような広告を考えることが重要になります。
とはいえ、「実態と異なる文言のバナーを出す」ことや「マウスオーバーで自動で拡大するようにする」ことは、利用者の感情を逆なでしてしまう可能性があります。

それでも目に止まれば勝ちと考えるか、あるいはそれによって企業嫌悪(ヘイト)が高まってしまうのは負けと考えるか、検討してバナーの内容を考えなければならないでしょう。

以上のことを統合して考えて、WEBマーケティングのメリットというのはどこにあるでしょうか?
第一に、従来のマーケティングに比べて遥かに安価で行えることが上げられます。
テレビCMや新聞広告などに比べてバナーを出す程度の金額は軽いものです。

自社サイトの作成となると多少費用は掛かるものの、こちらは長い期間に渡って利用していくことが出来るため十分元を取ることが出来るようになります。
簡単ながら奥深いWEBマーケティングを考えてみてはいかがでしょうか。