経営ストラテジー入門

経営戦略の実例やマーケティングの解説、ビジネスに関するフレームワークなどをご紹介します。

経営戦略の事例

経営戦略を学ぶには実例を見るのが手っ取り早い

a0150_000026さて、経営戦略について学びたいと思っているものの、どのようにして考えれば良いのか分からない、という人も多いかと思います。
実際問題、経営戦略についてゼロから考案して構築するというのは不可能に近いでしょう。
そういった時には「温故知新」ではありませんが、先人の知恵を拝借して学んでいくというのが最も簡単な方法となります。

そこで此処から先のページでは実際に行われている企業の経営戦略についてその一部を紹介し、どのような点が優れていて、その結果どのような効果が現れているのか、ということについて紹介していきます。

紹介するのは4企業

今回経営戦略を紹介していく企業は4つです。
いずれも日本の会社なので、日本の風土を考えた経営戦略が取られています。
しかし、それだけではなく、その風土や戦略を世界市場を相手にも十分に発揮している企業です。
ここではまずそれぞれの企業がどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

ユニクロの戦略

1つ目の企業として紹介するのは「ユニクロ」です。
言わずと知れたカジュアル服ブランドであり、日本全国に大きく展開しています。
本店は実は山口県にあるというのはあまり知られていないかもしれませんね。

ユニクロの歴史が始まったのは1984年のことで、現在から30年ほどさかのぼることになります。
元々は「メンズショップOS」という名前で活動していた会社でした。
安価でありながらも機能的な服が人気を集め、今では日本の代表的なブランド企業の一つとなっています。

任天堂の戦略

2つ目の企業として紹介するのは「任天堂」です。
今となってはすっかりテレビゲームの会社として有名になりましたが、その歴史は長く元々は花札の生産を行っていた会社でした。(現在でも任天堂社の花札は販売されており高いシェアを誇ります)
ファミコンやゲームボーイ時代から始まったテレビゲームブームを牽引し、それ以降についてもGAMECUBEやゲームボーイの後発機、そして世界的に人気を集めるゲームハードであるWiiの開発によって人気を誇り続けています。

この開発の背景にはどのような経営戦略が隠されているのでしょうか。

スズキの戦略

3つ目の企業として紹介するのは「スズキ」です。
トヨタや日産、ホンダなどの有名な自動車メーカーが跳梁跋扈する日本において生き残っている有力な自動車メーカーです。
日本の自動車メーカーは軒並み世界的にも高い評価を得ており、またそれぞれが違った特徴を持っています。
トヨタがハイブリッドカーを主軸として人気を伸ばし、日産やホンダなどは高性能車を売りにしているのが特徴であるのに対して、スズキはどのようにして戦っているのか、その一端を紹介していきたいと思います。

H.I.Sの戦略

最後に4つ目の企業として紹介するのはH.I.Sです。
こちらの会社は旅行業者として有名で、国内は勿論のこと海外旅行についても幅広く行ってきています。
今や一人でも簡単に旅行に行ける時代となった中で、旅行会社がいまだに高い利益を挙げているのにはどんな秘密があるのでしょうか?

それぞれ業種の違う4つの会社ですが、いずれも経営的に成功を収めていることには違いがありません。
成功例を見ることで、自分の経営も成功へと近づけていくことができるでしょう。