経営ストラテジー入門

経営戦略の実例やマーケティングの解説、ビジネスに関するフレームワークなどをご紹介します。

フレームワーク紹介

経営戦略の外枠を考える

フレームワークと言われても、そもそも何のことなのか分からない、という人も多いかと思います。
フレームワークというのは経営戦略における外枠のことを指しており、全体としてどのような戦略を取って進めていくのか、というカテゴライズだと考えて頂ければ分かりやすいでしょう。
どのようなフレームワークを採用するのかによって求められる結果と言うものが違っているため、それぞれのフレームワークを知った上で採用するものを選択していくことが重要です。

そこでここでは、代表的なフレームワークとして6つのものを紹介していきます。
いずれも深くは説明せず概要的なものとなりますが、十分自分の戦略を考えるための助けとなってくれることでしょう。

紹介する6つの戦略の概要

では、この先のページで紹介していく6つの戦略について、それぞれ簡単な説明だけを付け加えて紹介していきます。

3C分析

まず1つ目として紹介するのが「3C分析」です。
これは経営に大きな影響を及ぼす3つのCから始まる要素について分析しながら考えていく、というものです。
経営戦略の地盤となるフレームワークであるため、是非抑えておきたいポイントです。

SWOT分析

2つ目として紹介するのが「SWOT分析」です。
これは自社の強みと弱み、そして自社にある機会と脅威について分析して、どのように経営方針を出していくべきなのかを考える方法となります。
事業戦略を建てる段階において役に立つフレームワークです。

アンゾフの経営戦略

3つ目として紹介するのは「アンゾフの経営戦略」です。
これはアンゾフという経営者によって提唱された経営戦略で、成長戦略を主軸においたフレームワークとなってます。
企業の成功には成長が切っても切れないものですから、どのように成長していくのかを考えるのに重要です。

ポーターの事業戦略

4つ目として紹介するのは「ポーターの事業戦略」です。
これはマイケルポーターによって提唱された3つの基本戦略のことを指しています。
ターゲット層の広さや優位性の確立方法などを考えているフレームワークです。

5つの力

5つ目として紹介するのは「5つの力(ファイブフォース)」です。
ファイブフォースは経営に関わる5つの力について分析を行い、それぞれをどのように捉えるべきなのかを考えるというものです。
より大きな成功を目指す経営のために必要なフレームワークです。

バリューチェーン

そして最後の6つ目として紹介するのは「バリューチェーン」です。
こちらは内部資源分析というフレームワークとなっています。
自分の会社の内部のことを分析し、どの部分を改善することでより高い効果を得られるのかを考えていくものです。

いずれのフレームワークも、より良い会社経営を目指すためには知っておいて損がないものです。
まずは基本的な部分から考えていき、発展を目指しましょう。