1. >
  2. >
  3. 動画マーケティング

動画マーケティング

より分かりやすく、より直感的に

動画イメージ次に見ていくマーケティングの方法は「動画マーケティング」です。

従来、多くの広告というのは(テレビCMは別ですが)、文章と写真が中心となっていました。
これは紙媒体が最も手軽に利用できる広告手段だったためです。

ただ、最近ではスマートフォンやタブレットの普及などによって、簡単に画面を使った広告を作ることが出来るようになってきました。
そこで登場して躍進しているのが「動画マーケティング」という方法です。

【参考】マーケティングと映像制作

これは文字通り、動画を用いたマーケティングを行なうことによって、文章と写真よりも分かりやすく、直感的に製品やサービスの魅力を伝えることが出来るというのが最大の魅力となります。

そこでここでは、実際に映像を用いた動画マーケティングを行っている企業として、上記で紹介したアーツテックを例にご説明しましょう。

こちらの会社ではどのようなことが出来るでしょうか?

アーツテックでできること

アーツテックではただ動画を作成するだけではなく、より幅の広い対応動画マーケティングを行なうことが出来ます。
アーツテックの動画マーケティングはいくつかの段階に分かれており、最初から依頼をするのも可能であれば、途中までは自分たちで構想した上で依頼をすることも出来るためフレキシブルです。
まず第一の段階となるのが「企画」です。

実際にどのような動画マーケティングを行っていくのか、ということをまずこの段階で考えることになります。
例えばその動画をどのような媒体で見せることを想定しているのか、ということから効果的な動画について企画を立てていきます。
TVを使うものなのか、PRビデオなのか、あるいはリクルートなのか、様々な方面から検討が進んでいきます。

企画が出来上がると、今度は「撮影」を行います。
機材の貸出だけではなく専門のスタッフを選定して行なうことが出来るようになっており、より要望に答えた動画の作成が可能です。
さらにハイビジョン撮影や水中撮影なども可能となっており、ストップモーションアニメの作成などの特殊撮影についても相談に乗ってもらう事ができます。

次に、撮影した動画を「編集」する段階に入ります。
この段階では不要な部分をカットしたり、音声バランスを調整したり、といったような編集作業が行われます。
スタッフに委任することも可能ですし、指導を行ってくれるオペレーターを付けて自分たちで作業をすることも可能です。

最後に、編集が終わった動画に実際の撮影ではつけることが出来ないCGをつけていきます。
2Dアニメだけではなく3Dロゴや3Dアニメーションなども対応しており、より幅の広い編集が可能となっています。

動画マーケティングにおいて、動画の良し悪しというのは非常に重要な意味をもっています。
せっかく動画を見てもらえたのに、何も伝わらない、というのでは本末転倒になります。
どのようにして見た人に自分たちの魅力を伝えるのか、しっかり考えていく必要があるでしょう。